teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


糸毛

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年12月17日(月)06時01分4秒
  足裏は回復して来たと思います。

羽毛が細かいので手入れが大変ですが犬と同じと考え可愛がりましょう。
 
 

烏骨鶏の脚裏

 投稿者:鉄瓶  投稿日:2018年12月16日(日)16時46分4秒
  こんにちは
毎日寒いですね、雪は積もってもすぐ融ける程度ですが気温が低くて外出もおっくうになります。
倉庫暮らしの雄の脚裏は以前に比べると大分良くなりました。
首の周りの羽毛が絡まっていたので少しすいてやりました。
 

初雪

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年12月15日(土)07時55分48秒
  初雪のようです。

近くの峠の寒暖計は0℃でした。

まだ雪の量は少ないですがこれからは厳しい冬です。
 

セッター・ハッチャー分離

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年12月12日(水)06時31分1秒
  セッターとハッチャーの分離が上手く出来たようですね。

平面孵卵器の特性を理解出来たと思います。

最近の業務用大型孵卵機もセッターとハッチャーが分離しているタイプが多いようです。

新しい知見を上手く取り入れて発展するでしょう。
 

今回K-10の結果

 投稿者:九十九  投稿日:2018年12月11日(火)21時41分45秒
  38個入れて 5個死籠り
今回は孵化率87%位かな?
シルキーとペキンですけど

昨夜孵化した雛は卵を転がしてしまうのですぐ育雛箱に移し 写真は今朝 残りの卵から孵化した雛です
 

P-008B

 投稿者:九十九  投稿日:2018年12月 9日(日)18時38分49秒
  本来デジタルで37.6℃設定ですが、37.8℃に変更して孵化率を調べてみます。  

K-10

 投稿者:九十九  投稿日:2018年12月 9日(日)16時48分38秒
編集済
  この孵卵器もかなり古い40年~50年物(多分)ファンなしです。
温度調整はベローズの所で39.4℃~39.5℃に設定しました。
明日夜が孵化予定ですので 今回はこのまま結果を見てみます。
 

調整

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年12月 9日(日)12時04分56秒
編集済
  私が中学生の頃使った時は未だ平面孵卵器でした。

その時は梅雨時にだけ軍鶏の比較的大きい種卵が生まれました。

今考えると39.4℃の上面温度は実用鶏のサイズで小型の種卵には高かったのかも知れません。

それから50年程経過していますので改良されているかも知れません。

最終ステージでは卵の下部で35℃程が適当かも知れません。

また私が使った頃は平面孵卵器でしたが、現在はファンが付いて立体孵卵器になっているかも知れないので温度差に注意しましょう。

いづれにしても卵下部では35℃程が調整の出発点にすれば良いかも知れません。

上手く調整できれば良いですね。
 

K-10色々試してます

 投稿者:九十九  投稿日:2018年12月 8日(土)21時22分1秒
編集済
  メンテナンスを行て久々の昭和フランキ K-10 を発生専用に使おうかと考えてます。
結果が楽しみです。
 

冬の雛連続で誕生

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年12月 8日(土)16時38分43秒
  無転卵で寒さの中無事生まれて来ます。

周囲の気温が20℃~30℃が仕様の孵卵器ですが、蓋の上に電気アンカを乗せて内部の温度を保つなど工夫をすれば寒くても生まれるようです。

真夏には周囲の空気を送り込んで高温になり過ぎないようにしてやれば生まれて来たので、周年使えるようです。

一度周囲環境変化に対応に対するパターンを覚えれば良いですね。
 

声良鶏初産

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年12月 4日(火)05時36分33秒
編集済
  11月初旬に導入した声良鶏雌が初産しました。

未だ大雛と思っていましたが、高蛋白の飼料で終夜点灯・室温高目の環境なので極端に初産が早かったのでしょう。

雄が成熟するにはもう少し時間がかかりそうなので、繁殖は先の事ですが準備は進めます。

体質が弱いと言われている声良鶏ですが上手く繁殖できれば良いと思っています。


 

私の実績

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年12月 2日(日)06時25分4秒
  私の実績では40cm×52cmのケージでオナガドリや烏骨鶏などで自然交配が充分可能です。

意外に狭いスペースでも大丈夫でしょう。

動物愛護の観点とは差が有るでしょうけれど繁殖可能スペースの一例でしょう。
 

全指着毛

 投稿者:鉄瓶  投稿日:2018年11月30日(金)23時23分39秒
  あまり気にせずにいました
ずいぶんと毛が多いなーとは思ってましたが‥

あと1羽、倉庫暮らししている若雄もそうかもしれません。
 

鉄瓶さんの雄は全指着毛

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月30日(金)10時04分30秒
  今までは論点がずれてしまわないように言いだしませんでしたが、タコが治りかけているこの雄は全指着毛かも知れませんね。

脚毛の豊富さと関連するか観察すると面白いかも知れませんね。


 

勉強

 投稿者:鉄瓶  投稿日:2018年11月27日(火)20時50分3秒
  脚のタコもホッとしてます。

日本ミツバチも奥が深いですね。
まだまだ初心者なのでいろいろと勉強です。
 

全指着毛

 投稿者:九十九  投稿日:2018年11月27日(火)20時44分20秒
  白シルキー♂♀共に全指着毛のペアリングを開始してますので春の産卵が楽しみです。

 

ミツバチ

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月27日(火)20時23分48秒
  タコは消失しそうですね。

ミツバチは原因が特定できないまま全滅するケースが多いようです。

絶滅させたら取り返しが付きませんから出来る限りの対策を望みますが、原因を特定することが大切ですね。
 

烏骨鶏の脚裏

 投稿者:鉄瓶  投稿日:2018年11月27日(火)19時46分28秒
  こんにちは
ウコの脚裏のタコですがだいぶ小さくなってきました。
やはりメッシュ床の効果ですね。

余談ですが日本ミツバチ2郡のうち1郡が消滅した感じです。
人の手で捕獲したのはやはり人の手入れが必要なようです。
この間まで元気にブンブンしてたのにびっくりでした。
 

中指着毛です

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月27日(火)06時41分26秒
  中指着毛ですが全指着毛では有りません。  

両親

 投稿者:九十九  投稿日:2018年11月27日(火)06時25分50秒
  前回生まれた雛の両親は全指差し毛ですか?  

全指着毛雛再び

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月26日(月)08時45分52秒
  寒空の中、全指着毛の雛が再度生まれました。

前回生まれた雛の両親からの再現です。

現在は人工授精ですが、春までに同居させ自然交配するようなら希望者に送ろうと考えています。

日本では九十九さんが研究している形質と思います。

成長後の姿がどうなるか楽しみです。
 

ケージ

 投稿者:鉄瓶  投稿日:2018年11月25日(日)00時07分6秒
  3羽も被害にあったんですね
狭い隙間なのに・・。
 

アライグマ被害

 投稿者:九十九  投稿日:2018年11月24日(土)20時37分16秒
編集済
  9/3孵化したシルキー3羽です
アライグマは最近しつぼつするようになりました
 

ケージ

 投稿者:鉄瓶  投稿日:2018年11月24日(土)15時51分36秒
  九十九さん ご無沙汰してます。
アライグマがいるんですね、こちらはキツネやタヌキが多いです。
庭先をわが物顔で歩いてます。

ところで移っているケージにどのくらいの大きさの鶏が入っていたのですか?
我が家では烏骨鶏の雄をケージに入れてますがいつも狭くて悪いなーと思ってます。
 

野獣の被害

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月23日(金)15時35分50秒
編集済
  アライグマは確認した事がないのですが、日本古来の獣では鶏舎内が全滅する被害が当たり前ですね。

よほど神経を使っても僅かな隙間から侵入し、胴体を食べずに頭だけちぎり全滅するまで攻撃するようです。

その事を思えば数羽で済んだのは「極軽微」な被害でしょう。

トラバサミにゴムの安全部分を加えたものは予防に使える面もありますから、市町村の担当者に聞き設置してみましょう。

鉄や人の匂いのせいか不明ですが割と再発予防効果があるようです。

鶏舎を本格的に防御するには「動物園の檻」を作るレベルで考えましょう。

放飼は鳥インフルエンザ感染の危険性も増しますので止めましょう。
 

鶏被害

 投稿者:九十九  投稿日:2018年11月23日(金)14時06分50秒
  前日夜アライグマが来てました
籠に手を入れて頭を引き出したようになってました この被害はアライグマだと思います。

なぜか外に放し飼いになっている鶏には被害がありません?


 

冷え込む朝

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月23日(金)10時57分52秒
編集済
  近くの峠ではここ1週間ほどは毎朝4℃以下です。

雪はあと1ヶ月ほどは降らないかも知れませんが、長野県育ちの私は早くも冬タイヤに換えてしまいました。

子供の頃開かれた勤労感謝の日の運動会で雪が降った事を鮮烈に覚えています。

また長野県では10月中に雪が降った記憶も有りますので、タイヤ交換を早めにする習慣が付いたのでしょう。

現在住んでいる地方は長野県ほど寒くはないのですが、雪の量は多いので大雪の年は大変です。

鶏たちは冬でも産卵するように管理していますが、冬の間はご苦労さまです。



 

下段の温度

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月20日(火)18時11分40秒
  上段の温度が37.6℃でも下段の温度は35℃程度に設定されているようです。

2倍のセットが出来るタイプは不明ですが、上段にセットし最後は下段に移転するタイプは温度差が有るようですね。

でも32℃は低すぎるので、換気口を狭く調整して見たら良いかも知れません。

 

孵卵器の温度

 投稿者:九十九  投稿日:2018年11月20日(火)17時37分47秒
  孵卵器のデジタル表示は37.6度ですが
某温度計で計ると32度です(同じ高さ)

デジタルもくるいますので気をつけてください
 

烏骨鶏の餌付け

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月20日(火)06時24分29秒
  12月の下旬に烏骨鶏の餌付けをしてみます。

年間でも最も産卵数が減り易いこの時期に貯卵し、冬至の頃に餌付けしてみます。

産卵の結果がどうなりますか色々なパターンを試してみるのも楽しみです。
 

朝は寒い

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月16日(金)09時24分45秒
  朝は寒く、冬が近いようです。

また大雪にならなければ好いのですが。

1年が過ぎるのはアッという間です。

産卵は季節の差が少ないよう管理しますので変わりませんが、寒いので餌の消費量は多いです。
 

快方に

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月13日(火)06時38分58秒
  快方に向かっているように見えます。

引き続き観察を続け要領をつかんでください、
 

烏骨鶏の脚裏

 投稿者:鉄瓶  投稿日:2018年11月12日(月)19時30分8秒
  こんにちは
いつもありがとうございます
メッシュ床にしてから傷口が小さくなったような気がします。
継続して観察します。
 

良好な変化を期待しています

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月11日(日)18時44分45秒
  うまく治ってくれる事を願います。

変化があればお知らせください。


 

脚裏チェック

 投稿者:鉄瓶  投稿日:2018年11月 9日(金)09時46分45秒
  床を替えた雄ウコの脚裏チェックをしました
なんか少し良くなってる気がします。
あとは化膿止めの服薬させました。
これからも状況を追っていきたいと思います
 

将来はステンレスの網

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月 9日(金)06時55分27秒
  今回はビニールコーティングの網をつかいましたが耐久力は1~2年ほどですので、将来はステンレス製の養鶏用底網なら半永久的に使えます。

機会あれば送れます。

また止めた養鶏場や飼育者などから譲って貰えば良いかも知れません。

外国製の製品も将来はステンレスになるかも知れませんので注意していましょう。

金網床で飼育するようになるとコクシジウムの予防にも有効ですから馴染むと利点を多く感ずるでしょう。
 

床高

 投稿者:鉄瓶  投稿日:2018年11月 8日(木)17時49分38秒
  伊藤さん
いつもありがとうございます
床高さは11㎝ありましたので少しモミガラを入れてみます。
明日は足裏の状況を見て滲出液が出ていれば特殊なカットバンで対応したいと思います。
 

金網床

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月 8日(木)17時18分11秒
  中央部分のへこみはこの程度なら補強なしでも良いと思います。

補強材の上に糞が溜まることがあるので、できれば無いほうが無難です。

とにかく脚を綺麗に保つ事を目標にしましょう。

水入れの高さは良いでしょう。
 

作成

 投稿者:鉄瓶  投稿日:2018年11月 8日(木)15時11分15秒
  なかなかそろった大きさが無くて取り合えず2枚購入しました。
早速簡易的な床にしましたがどうでしょうか
ちょうどにサイズが合いましたので底に結束バンドで張りました。
雄ウコが重いせいか底網がゆがむので真ん中下に角材でも入れようかと思います。
水入れの高さは大丈夫でしょうか?
 

重ね合わせても良い

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月 8日(木)08時19分36秒
  底網を重ねる事もできます。

工夫して作って見てください。

不明点は何でも問い合わせてください。
 

床材

 投稿者:鉄瓶  投稿日:2018年11月 7日(水)18時22分45秒
  了解しました
本日探してきましたが金網を3枚だけ買いました。
少し小さいのでまた明日練り直します。
 

ビニールコーティング

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月 7日(水)07時36分1秒
  金網に白色などビニールコーティングしたものです。  

対策

 投稿者:鉄瓶  投稿日:2018年11月 6日(火)21時40分1秒
  網の件、了解しました。
金網?ですか。
明日行ってみます。
 

金網床

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月 6日(火)21時00分14秒
編集済
  まだ軽度なので治る可能性が有ります。

百均で40cm×52cm程度の4cm目の網が有れば6枚を組み合わせて、両サイド12cm下部に突きだすように組み合わせます。

床は地面から12cm浮きますので清潔を保ちやすいです。

地面に何か敷けば糞受けになります。

この床で飼育すれば治ることも有ります。

今飼育しているケージの床を改良するなら網一枚でも良いかも知れませんね。
 

烏骨鶏の脚裏タコ#2

 投稿者:鉄瓶  投稿日:2018年11月 6日(火)20時04分32秒
  11月6日の画像です。
包帯を取ったらなんか腫れてる感じ。
その後、包帯は自分で巻いたからずれていた。
なかなか難しいです。明日包帯購入し、床の改良もしてみます。
 

烏骨鶏の脚裏のタコ#1

 投稿者:鉄瓶  投稿日:2018年11月 6日(火)19時57分26秒
  こんちは
雄ウコのその後です。
まずは10月27日の画像です。
 

声良鶏の保存

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月 6日(火)07時37分1秒
  声良鶏の謡い合わせが震災の影響か激減し、飼育者も高齢化のため減ってしまったようです。

雄3羽、雌1羽いましたが系統保存のため異系統の雌を3羽導入しました。

系統保存だけでなく、丈夫な大型系作成にも努めたいと考えています。

独特の低音は世界に類を見ない独特の物です。
 

基本が大切

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年11月 5日(月)20時24分1秒
  順調に伸長しているようで楽しみです。

従来報告されているスピードを大きく上回っています。

3mの目標を達成して、更に上を目指しましょう。
 

496日齢(尾長鶏の報告)

 投稿者:松原  投稿日:2018年11月 5日(月)19時20分40秒
  最長の尾が150cmあります。

目標の3mまであと半分になりました。

これからもきちんと管理していきます。
 

3日見ぬまの桜

 投稿者:伊藤  投稿日:2018年10月29日(月)11時52分39秒
  世の中は3日見ぬまの桜のように変化して行きます。

独裁者でも無ければ変化に対応する必要があります。

鶏を無駄に淘汰しないように変化にも注意していましょう。
 

レンタル掲示板
/131