teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 竜ケ崎駅の現況

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年12月 4日(月)23時54分10秒
返信・引用
  > No.4309[元記事へ]

放浪写さんこんばんは、亀亀レス失礼いたしました。竜ヶ崎線の状況をありがとうございます。

> 竜ケ崎鉄道の名残はほぼなくなってしまいました。
なんと、あの車庫が無くなったのですね。私が竜ヶ崎線を訪問したのは8月20日が最後、その時はまだまだあの車庫は健在でした。変わるときには一気に変わってしまうのですね。

> (江若のキハやキハ04の41302など、今日はどれに乗ろうかな、、
車庫に蒸気が眠っていた時代でしょうか。素晴らしい時代だったのですね。いまこれらが走っていればお宝だと思います。

> 唯一、駅中を通る小径の踏切だけが少しだけちょっと前の雰囲気を残していると感じました。
確かにあの踏切と堂々とした駅舎は変わらないですね。まだまだ竜ヶ崎は昭和感満載です。

ではでは、またのお越しを。
添付の画は8月20日に訪問した際の1カット。右の屋敷林は変わりませんね。でもいつかは変わるのかなぁ。ではでは。再見です。
 
 

竜ケ崎駅の現況

 投稿者:放浪写  投稿日:2017年11月27日(月)20時15分22秒
返信・引用
  GP7500様

こんばんわ。
先週の土曜は竜ケ崎で母校の同窓会があったので、
ン十年振り?に利用客として竜ケ崎線に乗ってまいりました。
当然カメラを持って行ったので竜ケ崎駅の近況を15分ほどスナップしました。

あの車庫の解体と同時に脇にあった古い貨車改造の倉庫も撤去されており
竜ケ崎鉄道の名残はほぼなくなってしまいました。
私的には高校生時代の思い出のよすがなくなってしまったことの方が残念でもあります。
(江若のキハやキハ04の41302など、今日はどれに乗ろうかな、、
など高校時代は勉強は一切せず、鉄ちゃんと高校野球の応援に明け暮れておりました)

唯一、駅中を通る小径の踏切だけが少しだけちょっと前の雰囲気を残していると感じました。
しかし、新設中の車庫回りの景色は、箱を並べた作りかけのレイアウトみたいな感じで
全く面白くありません。

 

Re: 訪台報告 その2

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年11月 5日(日)15時41分45秒
返信・引用
  > No.4307[元記事へ]

シロの飼い主さんこんにちは、台湾の生情報をありがとうございます。
糖鉄の廃線跡が整備されているとのこと、沿線の皆さんにとっては便利になるので良いことなのかもしれません。趣味的には線路を残した形で整備してもらえると嬉しいですね。
さてさて虎尾ですが、11月4日に空車回送、5日にトラックによる原料輸送、6日から鉄道による原料輸送開始との情報でしたが、4日の空車回送は無く計画は遅延しているようです。
いづれにしろ、例年より運行開始がはやいですね。たのしみであります。
> 次回の訪台は12/24から27、4泊3日を予定していますが
残念、私は28日のフライトです。次回訪問され情報入りましたらこの板で共有させていただければ幸いです。
ではでは、添付の画は台鐵ではありますが廃線跡の活用例。玉里の廃線跡が自転車道になっておりました。
ではでは、またのお越しを。
 

訪台報告 その2

 投稿者:シロの飼い主  投稿日:2017年11月 2日(木)17時05分32秒
返信・引用
  最近感じるのですが、どうも台南市は廃線跡の整備に熱心なようで、西港地区の件は別にして、遊歩道やサイクリングロードに転換されてしまいつつあるような気がします。
なのでちゃんとした?廃線跡を辿ろうとするならば、本腰を入れる必要があるかもしれません。
まぁ、限られた予算と休暇の中で、それに専念しようとは思いませんが。
その点、雲林では相変わらず放置、というような状態で、当分の間現状維持が続きそうなのでひと安心ですが。

そんな旅行を楽しんでいる最中、急に虎尾の運行情報が飛び込んで来たので、ついでに現地調査をしてきました。
結果についてはFBにて投稿済みですので、こちらでは省略させていただきます。

次回の訪台は12/24から27、4泊3日を予定していますが、気になる家族案件がありますので、果たしてどうなることやら。
 

訪台報告 その1

 投稿者:シロの飼い主  投稿日:2017年11月 2日(木)16時57分23秒
返信・引用
  GP7500 さん、こんにちは。
ただいま、桃園空港で搭乗待ち~機材遅延の為1時間遅れ~をしています。

今回の訪台、計画の段階では雲林の廃線跡の探索&田舎街の散策をしようと思っていたのですが、台南 西港地区の道路拡張による糖鐵遺構と老木の接収についての反対運動が起こり、その現場を見たいが為に現地を訪れた次第です。
また、そのついでに佳里糖廠の保存車を見て来ました。
 

Re: 上毛電鉄の鉄橋

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年10月11日(水)22時52分18秒
返信・引用
  > No.4304[元記事へ]

放浪写さんこんばんは、ご無沙汰しておりますお元気ですか。

池上線の賑わい画像と新橋のしっとり画像をありがとうございます。
新橋の画がいい味ですね、視点を変えると東京のど真ん中に良い景色が残っているんですね。
毎日とおり過ぎる駅ですが、こんな昭和感が残っているとは気づきませんでした。

最近、ちょっと親の介護で動けませんが、一段落したらカメラをもってふらふら徘徊したいなぁ。

さて上毛の画ですが、「富士山下」駅です。関東平野の縁を走るこの私鉄、北関東の良さを凝縮した地域を結んでおりますね。是非是非ご訪問されては如何でしょう。
ではでは、またのお越しを。再見です。
 

上毛電鉄の鉄橋

 投稿者:放浪写  投稿日:2017年10月11日(水)22時27分43秒
返信・引用 編集済
  GP7500様

前回、質問を忘れておりました。
GP様が張り付けた5月の上毛の鉄橋風景が良い雰囲気ですが
どの辺でしょうか。
私は上毛を高速道路から見下ろしたことしかないのですが、
高速道路を使えば茨城から行ける県外のローカル私鉄では流鉄の次に近いはずなので
一度遠征したいと考えております。

添付は新橋駅の山手線内回り(京浜東北線東京方面)ホーム。
いったい、この写真の何がポイントなんだという声が聞こえてきますが
新橋はホームドアがホームの先端まで設置されず、
レールの鉄柱とともに昭和の名残多き駅だと思います。
しかし、新橋駅もターミナル化に向けて改築中。
東京にはまだ沢山昭和が残っていますが、どんどん平成に改造されてゆきます。


 

池上線開通90周年

 投稿者:放浪写  投稿日:2017年10月 9日(月)22時42分9秒
返信・引用 編集済
  GP様
こんばんわ。

今日は池上線開通90周年記念。池上線と沿線の魅力を発見してもらうため
一日フリー切符が配布されました。
(大東急の余裕、地方私鉄では絶対真似が出来ない企画です)
池上線乗り放題!がキャッチコピーだったわけですが
電車は体がよじれんばかりの超満員。
途中駅では一本見逃してなんとか次の電車に乗れた次第ですが、乗り放題とはいえ、
何度歩いて帰ろかと思ったことか。

さて、池上鉄道開通以来、築95年となる池上駅の改築工事が始まりました。
駅ビルの2階を駅にして駅内部の踏切をなくし安全性と利便性を高めことが主眼だとか。
完成は2020年なので、駅はゆっくりと様変わりするのでしょうが、
写真は一期一会、何とか今日の池上駅の風景を記録してきました。

ところで、駅構内の踏切は、田舎では(小さいものなら)珍しくなかったので
違和感がなかったのですが、東京では極めて珍しいことが今日、初めて分かりました!
 

Re: 氷見線の伏木あたり

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年 8月29日(火)23時49分4秒
返信・引用
  > No.4301[元記事へ]

放浪写さんこんばんは、氷見線と竜ヶ崎線の状況をありがとうございます。

> 仕事の内容は現役時代より難易度を増しており疲弊しております。
あれあれ、そんな感じでしょうか。若い方にバトンを渡して補助的業務に居場所を換える・・・なんて、結局無理なんでしょうね。残念ですが、大変参考になりました。

> さらに(実は)5月末に・・・
心からご冥福をお祈りいたします。放浪写さんも大変だったこととお察しします。

> 竜ケ崎線の印象は変わらないように思えます
おっしゃるとおり、竜ヶ崎線沿線を訪問するととても遠いところに来たような気がします。そして、時計の針が昔に戻ったような気がします。最近ご無沙汰でしたが、時々訪問しないとだめですね。

ではでは、またのお越しを。添付の画は佐貫駅付近です。この辺の風景も結構好きなんです。ではでは。
 

Re: 氷見線の伏木あたり

 投稿者:放浪写  投稿日:2017年 8月27日(日)10時55分32秒
返信・引用 編集済
  > No.4300[元記事へ]

GP7500様
こんにちわ。

五月の富山に行かれたのですね。
私も行きましたが、富山はあの頃とても好天に恵まれていましたね。
掲示は沢中山の陸橋からの俯瞰だと思いますが、あの場所はトラックが来なければ
爽やかで好みです。

さて、あまり板に関係ない話ですが、、

> 最近は如何でしょうか。
会議への出席など社内調整的な仕事は確実に減り、その分残業は減りましたが
仕事の内容は現役時代より難易度を増しており疲弊しております。
さらに(実は)5月末に母が他界しまして、その後は煩雑な喪主仕事に追われていることもあり
土日に殆ど撮影の時間が作れませんでした。
今夏は天気も悪く撮影はお手上げ状態ですが、晴れの富山に行けたことはラッキーでした。

添付は、別角度の雨晴海岸写真と梅雨明け直後の竜ケ崎線です。
この浜辺は恰好の磯遊びの場所らしくこの季節は親子連れで賑わいます。
この構図では氷見線の向うに人家が入ってしまい、個人的には車両周りの
風景が好みじゃありません。しかし、空と雲は良い感じでした。

2013年に発行されたRMライブラリーの関東鉄道竜ケ崎線の版を
先週購入し、1970年代初頭の中学生時の初訪問~高校時代の竜ケ崎線風景を
懐かしく見ておりました。
車輛を含む物理的な風景は全く変りましたが、私にはあの何気ない田園風景を行く
竜ケ崎線の印象は変わらないように思えます
しかし、、車庫がなくなってしまったのですか?
往年の竜ケ崎線の名残だったのに!

GP様もそうでしょうが、竜ケ崎線を撮影するとき、ファインダーには
遠い昔の風景が見えてますよね?
 

Re: 氷見線の伏木あたり

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年 8月26日(土)22時43分59秒
返信・引用
  > No.4299[元記事へ]

放浪写さんこんばんは、夏の富山の状況をありがとうございます。

雨晴海岸駅の夏らしい海と空がとってもイイ感じです。気持ちい良い海風が吹いているんでしょうね。
行きたくなるような夏らしい絵ですね。
さてさて
最近は如何でしょうか。
立場が変わっても、結局のところ同じくらいきつかったりする場合も多々あるようですね。
できる限りお時間捻出され、趣味に旅行に、以前より楽しく過ごせるといいですね

添付の画は、先週の日曜に台湾の友人と訪問した竜ヶ崎線と、本年5月にセメントさんの運転で日帰り訪問した富山の様子です。竜ヶ崎線は車庫が無くなっちゃいましたね。残念残念。
ではでは、またのお越しを。
 

氷見線の伏木あたり

 投稿者:放浪写  投稿日:2017年 8月21日(月)21時47分59秒
返信・引用 編集済
  GP7500様

大変ご無沙汰しています。
8月3日~5日と梅雨明けの富山に行ってまいりました。
富山は富山湾と平野部は梅雨明けの晴天でしたが、立山連峰は東日本を覆う
暗く分厚い雲に隠れていたため氷見線と万葉線を中心に撮影しました。

今回は普段あまり見かけない氷見線と沿線の絵をご紹介します。

一枚目は雨晴海岸の義経岩から氷見線の雨晴海岸駅側というより能登半島を望む絵。
今にして思えば、今年見た唯一の広大な夏空でした。
このポイントを砂浜に降りて後ろを見れば、立山連峰を背にした
有名な氷見線の撮影ポイントでもあります。

二枚目は伏木駅に隣接する北陸ロジスティックスのヤード?に留置された車輛群。
後方の古いトラス橋と入道雲に昭和の夏を思い出します。

三枚目はそのトラス橋から撮影した伏木駅に入線する氷見線列車。
工場脇の専用線的なディープな風情が伏木らしくて良いなぁといつも思います。
 

Re: 軽便祭~台湾編

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年 6月 4日(日)22時12分0秒
返信・引用
  > No.4296[元記事へ]

シロの飼い主さんこんばんは、台湾生情報ありがとうございます。

数日前に台湾は大雨だった模様。虎尾の鉄橋が危ない状態だったようですね。
そのような中でもヘロヘロ線路を堪能されたご様子。台湾を楽しまれたこととお察しします。

> 3枚目 渓湖糖廠 SL346号
日曜運行だけになった渓湖のSL。いただいた絵は終点の機回しの様子でしょうか。石炭焚きのSLが動く渓湖糖廠。多くのお客様でにぎわっていたことでしょう。
さてさてまたのお越しを。
添付の画は、本日訪問した「根利森林鉄道まつり」の様子。レストアされたB型客車とボールドウインです。
SLは静体ですが綺麗に整備されておりました。
ではでは。
 

Re: 薫風の常総線

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年 6月 4日(日)21時59分1秒
返信・引用
  > No.4295[元記事へ]

放浪写さんこんばんは、超亀亀RES失礼いたしました。
改めまして、常総線の日本原風景画像をありがとうございます。

> 麦畑と集落の風景が「県西」らしい風景に思えます。
日常の風景をありのままに切り取るって簡単そうでとっても難しいと思います。いただいた絵はこの地域のこの地域らしい景色ですね。一日ゆったりと身をゆだねてみたい景色です。
「ひよっこ」はまれに土曜や休日に見ておりますが、私が子供の頃の昭和が満載。とっても楽しいドラマですね。日本が右肩上がりの高度経済成長期、あの頃に戻りたいです。

雇用延長に突入されたとのこと、おめでとうございます。しかし、どこの会社も仕事のレベルは下がらないんですよね。私も一年後、少々不安な気持ちであります。
ではでは、またのお越しを。
添付の画は、本日6月4日に訪問した上毛電鉄です。いい天気でした。ではでは。
 

軽便祭~台湾編

 投稿者:シロの飼い主  投稿日:2017年 6月 4日(日)17時26分20秒
返信・引用
  GP7500さん、皆さん、こんにちは。

日本では好天の週末だったようですが、此処台湾では梅雨~しかも虎尾や斗六では床上浸水の被害まで出る始末。
しかしそれでも斗南~虎尾を歩いて探索したり、また急遽南靖糖廠を訪問したりと、充実した旅行を楽しむことが出来ました。
成果については、帰国してからまたあらためて。

1枚目 斗南市内の軌道跡
2枚目 南靖糖廠
3枚目 渓湖糖廠 SL346号
 

薫風の常総線

 投稿者:放浪写  投稿日:2017年 5月 1日(月)21時43分17秒
返信・引用 編集済
  GP7500様

お昼前の二時間程度ですが、日曜に久しぶりに常総線に遠征しました。
キハ引退後足が遠のいてましたが、茨城県西の田園風景が何故か恋しくなり
騰波ノ江あたりを重点的に(要は他に足を延ばす時間がない)歩きました。

添付は騰波ノ江~黒子間にある本井上踏切あたり。麦畑と集落の風景が
「県西」らしい風景に思えます。

茨城ついでに、NHKの朝ドラで、架空の土地ながら奥茨城を舞台とした「ひよっこ」が放送されています。
ドラマの内容はさておき、茨城県北の風景と元山形交通のボンネットバスが昭和的で良い感じだなぁと
見入っております。(バスは元鉄道ジャーナル編集長の所有で車庫は石岡にあったはず)

桜満開の頃の那珂川清流鉄道の協三(そう書いてありますよね)の小さなSLは、
ほのぼのとして可愛いですね。どこかの田舎鉄道で復活してほしいですが
軌間があう鉄道がありませんな。

なお、当板には関係ない話題ではありますが、
嘱託の仕事の質量は現役時代と大差ないまま給料は額面で1/3ちょっと程度になりますが、
厚生年金やら住民税が昨年の所得レベルで控除されるので手取りは情けない位悲惨です。
今の方が仕事をなげうって撮影に行きたい気持ちが強いかな?
 

Re: 桜がいっぱい

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年 4月27日(木)22時51分39秒
返信・引用
  > No.4293[元記事へ]

放浪写さんこんばんは、桜咲く東急沿線の状況をありがとうございます。緑が多くていい感じですね、東急沿線の優雅な雰囲気を感じます。

> お気軽な嘱託社員になったので、晴天の平日に有休を取って
卒業おめでとうございます。メンタル的にはずいぶんと楽になったのでしょうか、うらやましい限りであります。
私もあと一年で雇用延長に突入しますが、給料三分の一で仕事は変わらない予定です。早期退職しておけばよかったと思う昨今であります。

> 精神衛生上、仕事は早く引退すべきですねぇ、生活できればの話ですが。
全くであります。金銭的に心配なければとっくに引退しております。しかし、致し方なし、定年後も遊ぶ金欲しさに労働にいそしむ次第です。

貼付の画は昨年4月9日に行われた那珂川清流鉄道の蒸気運転会の様子です。満開の桜のもと楽しいひと時で?。本年は無かったですが来年は期待しております。ではではまたのお越しを。
 

桜がいっぱい

 投稿者:放浪写  投稿日:2017年 4月26日(水)20時44分18秒
返信・引用 編集済
  GP7500様
こんばんわ。

お気軽な嘱託社員になったので、晴天の平日に有休を取って
多摩川駅付近に再度遠征しました。
青空と桜の組み合わせで撮影できるのは何年振りなのか思い出せない位久しぶりです。
精神衛生上、仕事は早く引退すべきですねぇ、生活できればの話ですが。

一枚目は多摩川~沼部の桜
二枚目は多摩川駅を出た所の踏切。私的に多摩川線で一番このみのポイントです。
三枚目はおまけで、東横線多摩川橋梁の多摩川駅側。
多摩川を超えて道路をクロスするあたりです。

この辺りは田園調布市に属しますが、こんな構図でもそこはかとない
気品を感じております。
 

Re: 多摩川分岐 桜雨情

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年 4月10日(月)22時48分25秒
返信・引用
  > No.4291[元記事へ]

放浪写さんこんばんは、多摩川駅の状況をありがとうございます。

緑多い多摩川駅、画面にちらほら見える桜の花ももうすぐ見納めですね。
雨降る中の桜も味わい深いものですが、なかなかその味わいを撮ることができません。
いつの日か、雨の桜の良さを写しとってみたいものです。

> GP様の東武線のポイントは、今が撮影のタイミングでしょうね!
玉淀駅近くのこの桜、今がちょうど見ごろかと思います。
今年はいけませんでしたが、来年こそ!!

ではでは、またのお越しを。
添付の画は昨年4月9日に訪問した那珂川清流鉄道の様子です。
あれから一年、一年って速いですね。ではでは。
 

多摩川分岐 桜雨情

 投稿者:放浪写  投稿日:2017年 4月 9日(日)20時26分24秒
返信・引用 編集済
  GP7500様
こんばんわ。

今年の桜は雨にたたられっぱなしですね。
晴れないものは仕方ないので、小雨模様だったので雨情を狙い
多摩川線多摩川駅あたりに再度出動しました。
しかし、多摩川沿いは横殴りの強風が吹き、多摩川駅方向からレンズに向かって
時折強い雨が降っていました。

てなわけで、毎度の構図です。
この空き地は今年7月から病院建設工事が始まり、
この風景もあと3か月程度で見納めです。
桜のこの季節に晴れてくれない天気に恨めしや。

絵はレンズに向かって降って来る雨のおかげでフィルタに雨粒がついて
ソフトンフィルターで撮影したようなソフトフォーカスになりました。
雨情もまた良しとは思いますが、機材にはとても気を使いますね。

GP様の東武線のポイントは、今が撮影のタイミングでしょうね!
 

Re: 谷山橋の俯瞰

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年 4月 2日(日)20時43分50秒
返信・引用
  > No.4289[元記事へ]

放浪写さんこんばんは、池上線の春の様子をありがとうございます。
やっぱり池上線はイイですねえ、駅舎も沿線も昭和感満載ですね。

> いよいよ私も3月末日で定年退職を迎えます・・・ 自由になれる!開放感の双方が混じった複雑な気持ちです。
お疲れ様でございます。嘱託で残れらるとはいえ一区切りですね。
私は定年まであと1年数か月ありますが、お互いよく我慢しましたね。これからは「いつでも辞めてやるぜ」くらいの気持ちで過ごせるといいですね。

> リバイバルカラーと菜の花が似合いますね。
ブルーと黄色は補色でしたっけ。正反対ですが逆に相関あるいい色ですね。都会の真ん中でこれだけ菜の花があることに感謝であります。

ではでは、またのお越しを。添付の画は先月訪問した東上線の春景色です。今この木は桜が咲いているのかも。ではでは。
 

谷山橋の俯瞰

 投稿者:放浪写  投稿日:2017年 3月30日(木)20時18分30秒
返信・引用 編集済
  GP7500様
こんばんわ。

いよいよ私も3月末日で定年退職を迎えます。
30ン年の社会人生活に一区切りがつく感慨が深くもあり、
自由になれる!開放感の双方が混じった複雑な気持ちです。

さて、退職後も嘱託で残るため、少しだけ年休消化中です。(年休は継続です)
何十年振りかで3月末の週に年休が取れたので今年は晴れの日に桜が撮影できると
喜び勇んでいましたが、今年は思いの外寒く、満開予想は4月1日頃のようですね。

桜は遅れましたが池上線谷山橋(大崎広小路~戸越銀座間)の菜の花は満開でした。
リバイバルカラーと菜の花が似合いますね。
この区間の菜の花は去年より量が増えたようですが、ここから戸越銀座までの間の
菜の花はほとんど刈られており、去年失敗した構図で捲土重来を期したのですが、
不発でした。
東急保線班にとって菜の花は単なる雑草に過ぎなかった模様で無念です。
 

Re: 桃園より報告

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年 2月19日(日)22時37分57秒
返信・引用
  > No.4287[元記事へ]

シロの飼い主さんこんばんは、虎尾の最新画像と街中画像をありがとうございます。

今回の旅の様子はFBで拝見させていただきました。朝成田を発って当日夕方には虎尾の線路端で原料列車をGetできた由、高鉄雲林の威力は絶大ですね。

> ・・原信太朗氏の・・1968年に撮影した台湾のムービー・・・
私も昨年に横浜で拝見しました。あの頃の台湾をしっかり記録されていること自体、驚きであります。
何度見ても楽しめるムービーですね。

> では、もうそろそろ登場時間ですので、まずはこのへんで失礼します。
はいはい、帰国されお時間ありましたら、また情報提供いただければ幸いです。

添付の画は、昨年末の成田での画、沖留めバニラはそれなりに楽しめました。ではでは、、またのお越しを。
 

桃園より報告

 投稿者:シロの飼い主  投稿日:2017年 2月19日(日)17時29分3秒
返信・引用
  どうも、こんにちは。

毎度のことですが、2泊3日で訪台しただいま帰りの桃園空港です。
詳しいことはFBにアップしておりますので省略しますが、今回の特記事項として、高雄港站のアメリカ製のバスの姿が無くなっていたことをお知らせいたします。
また、お隣の哈馬星 台湾鉄道館 にて原信太朗氏の特別展示を行なっており、1968年に撮影した台湾のムービーには思わず見入ってしまいました。

では、もうそろそろ登場時間ですので、まずはこのへんで失礼します。
 

Re: 下新明あたり

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年 1月16日(月)22時35分52秒
返信・引用
  > No.4284[元記事へ]

放浪写さんこんばんは、下神明の近況をありがとうございます。

> 東京は開発による変化が極めて急で、今ある何気ない風景が・・・
ちょっと気になる光景があったら、絶対記録しておくべきですね。
悩んだら撮る!
これ必須です。

> よく見ると軌道が複線です。(好奇心をとってもそそられます!)
台湾のナローではよくある光景なんですが、単線が並んで敷設されている次第です。
台鐵もそうですが、両方の線路に方向の決まりがなく、2編成がすれ違ったり、並行して同じ方向に走行可能です。きわめて合理的なこのシステム、日本も見習ったほうが良いかなぁと思う次第です。

ではでは、またのお越しを。
 

Re: 台湾の軽便鉄道展

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年 1月16日(月)22時26分24秒
返信・引用
  > No.4283[元記事へ]

シロの飼い主さんこんばんは、烏樹林の画をありがとうございます。

> 間もなく、↓のイベントが始まるようですね。
豊富な資金があるのでしょうか、以前佳里に居た巡導車を烏樹林から持ってくるようですね。
これを機に、台湾に興味を持ってくれる方が少しでも増えるといいですね。

> 実家の案件で忙しいのですが、せっかくなので行ってみようと思います。
私は悩み中。行こうかな、行くのやめようかな。横浜いくなら台湾行ったほうが良いかなぁ。

ではでは、またのお越しを。添付の画は烏樹林の景色です。線路だけでも楽しめますね。
ではでは。
 

下新明あたり

 投稿者:放浪写  投稿日:2017年 1月15日(日)22時11分46秒
返信・引用 編集済
  GP7500様
こんばんわ。

冬の晴天に誘われて撮影に出かけましたが、いつの間にやら安近短主義に堕してしてまい、
毎度近場の大井町線の下新明辺りをブラブラしました。

一枚目は品川区役所前の歩道橋から大崎方面を見たところ。
何やら巨大ビルが建設中ですが、これは昨年初頭に掲示した、
新幹線(+横須賀線)と湘南新宿ラインが分岐する三角地帯の工事現場の今の様子。
蛇窪あたりの下町はラビリンスが楽しいのですが、いつまで残るんだろうと心配です。

二枚目は下新明を大井町側に出たところ。
この昭和50年代以前を思わせる青いビニールのひさしのある
廃屋のような飲み屋はおそらく現役です。
(何度か閉店開店を繰り返したはずですが)

東京は開発による変化が極めて急で、今ある何気ない風景が
あっと言う間に過去のものになります。ちょっと気になったらマメに
記録するのが良いですね。

前々回の日立製客車改造のガソカーの写真の一枚目、
よく見ると軌道が複線です。(好奇心をとってもそそられます!)
本線が複線なんてあり得ないので、終着駅付近の側線のようですが
事実はどうなんでしょうか。
 

台湾の軽便鉄道展

 投稿者:シロの飼い主  投稿日:2017年 1月15日(日)21時45分58秒
返信・引用
  GP7500さん、こんばんは。

間もなく、↓のイベントが始まるようですね。

http://www.hara-mrm.com/event/event1612_02.html

実家の案件で忙しいのですが、せっかくなので行ってみようと思います。

 

Re: 放浪写さんへ

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年 1月10日(火)23時31分50秒
返信・引用
  > No.4281[元記事へ]

放浪写さんこんばんは、安中貨物と下館の昭和風情をありがとうございます。

> 農暦なるものは初耳ですが、その土地の気候風土、それらに培われた・・・
要は旧暦であります。現在も、台湾は正月等は旧暦で執り行われております。
それはそれで味わい深いものがありますね。

> 水牛を使っていました。ついでにタイではその水牛を食材にしていたとか。。。
以前、台湾のお年寄りとお話しをした際、「牛は友達だから食べられない」と云っていたのを思い出しました。台湾の人にとっては、牛はワンちゃんと同じく友達だったようです。

> この風情は日車のガソリンカーですね。この気動車は動態保存されているのでしたっけ?
もとは日立製の客車です。それが台湾鉄工所でガソリンカーに改造されました。その後長らく渓湖糖廠で放置されておりましたが、昨年レストアされました。普段は動いておりませんが、チャーター可能です。
2時間で日本円3万6千円。いかがですか。

> 是非台湾に来いと言われ、本音で行きたい、と答えて全く行けていません。
本年末、一緒に行きましょう。

ではでは、またのお越しを。添付の画は大井町線の様子。踏切から列車が触れそうでした。
ではでは。
 

Re: 放浪写さんへ

 投稿者:放浪写  投稿日:2017年 1月 9日(月)10時59分36秒
返信・引用 編集済
  > No.4280[元記事へ]

GP7500様 シロの飼い主様
おはようございます。

レスありがとうございます。

>農作業の基準は西暦ではなく農暦になっている

農暦なるものは初耳ですが、その土地の気候風土、それらに培われた
人々の季節感覚があるでしょうから、西暦よりも肌感覚に近い暦なんでしょうね。
ご先祖様から延々と続く長~い時間を感じるようなお話です。
水牛の絵も長閑ですね。10年位前のベトナムやタイでも水田を耕す?のに
水牛を使っていました。ついでにタイではその水牛を食材にしていたとか。。。


>異国なのに昭和チック
この風情は日車のガソリンカーですね。この気動車は動態保存されているのでしたっけ?

台湾の狭軌鉄道と周辺の風景は魅力的ですよねぇ。
台湾人の知人に、日本人と名乗れば皆親切にしてくれるから
是非台湾に来いと言われ、本音で行きたい、と答えて全く行けていません。


添付は大晦日の安中貨物。毎度木田余跨線橋から。
シャッターを押すのが少し遅れて緩行電車の後部と並べられませんでした。

もう一枚は下館にある、写真的に有名な中澤時計店。
シャッターの上の中澤時計店の文字板が、恐らく震災で落下してしまい、
中xx計点になっているのがさみしい。
これは45年前のトリウム含有レンズで撮影したためオリジナルは
すさまじく黄変しており、色温度とトーンカーブを調整して
何とか普通の色合いに戻しました。
 

Re: 放浪写さんへ

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年 1月 8日(日)17時21分17秒
返信・引用
  > No.4278[元記事へ]

シロの飼い主さんこんばんは、虎尾の状況をありがとうございます。

> 今季目撃した、印象深い光景を投稿させて頂きますので、ご笑覧いただければ幸いです。
昔々、9號よこの田圃で牛が農作業している様子を見たのですが、カメラに収めることができませんでした。
それ以降、牛さんにお会いしておりません。
牛さんは今も未だ元気に作業をしているんですね。
次回訪問時には、牛とサトウキビ列車の2-shotを撮りたいと思います。牛をチャーターできないかなぁ。

ではでは、またのお越しをお待ちしております。
 

Re: 恭賀新年

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年 1月 8日(日)17時12分8秒
返信・引用
  > No.4277[元記事へ]

放浪写さんこんばんは、東急と下館の状況をありがとうございます。

> 本年もよろしくお願いします。
はい、本年もよろしくお願い申し上げます。
わたくし、恒例の台湾で鉄を楽しんできた次第です。
すでに松の内も明けて日常に戻りましたが、またの台湾再訪を糧に今年一年乗り切っていこうと思っております。

> 添付は1月3日の旗の台と30日に行った下館の昭和的床屋さん。
旗の台駅も床屋さんも昭和っぽい風情ですね。特に床屋さん、いつまでもお元気で商売続けてほしいです。

ではでは、またのお越しを。添付の画は台湾で撮ったショットです。
異国なのに昭和チック、懐かしさを感じていただければ幸いです。
 

放浪写さんへ

 投稿者:シロの飼い主  投稿日:2017年 1月 6日(金)22時56分21秒
返信・引用
  どうも、こんばんは。

>今、田植えの時期なんですね

日本と違い、その年によって時期はかなり変動しているように見受けられます。
というのも、聞くところによると農作業の基準は西暦ではなく農暦になっているそうですので、残念ながら私達の観念が通用しません。
なので翌年の同じ時期に再訪しても、前年と同じような景色を見ることは出来ません。
まぁそれもまた「非日常の世界」へ行く楽しみのひとつなんですが。

今季目撃した、印象深い光景を投稿させて頂きますので、ご笑覧いただければ幸いです。
 

恭賀新年

 投稿者:放浪写  投稿日:2017年 1月 6日(金)01時14分18秒
返信・引用 編集済
  GP7500様
こんばんわ。

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

正月は恒例の台湾遠征ですね。多々収穫があったことと思います。
私的に下の30日の虎尾の絵が長閑でどこか日本の田舎に通じる味わいで好みです。

>沈痛な面持ちの出社でした。
海外旅行の後の出社は全く気乗りしませんが、撮影生活のため?
もう少し頑張りましょう!

ところでシロの飼い主さんの水鏡写真には驚きました。亜熱帯とはいえ、
今、田植えの時期なんですね。


私は元旦まで毎度実家で母親の手伝いをして、合間を見て撮影に出かけておりました。
添付は1月3日の旗の台と30日に行った下館の昭和的床屋さん。
床屋の中では社長が手持無沙汰に新聞を読んでおりました。
長閑な地方都市の午後の光景ですが、商売としてはたまらないかな?


 

Re: 追記

 投稿者:GP7500  投稿日:2017年 1月 5日(木)23時20分54秒
返信・引用 編集済
  > No.4275[元記事へ]

シロの飼い主さんこんばんは、西螺線と土庫の状況をありがとうございます。

>もうそろそろ、到着した頃でしょうか?
29日は深夜に到着、以降全力疾走で台湾を楽しんできました。
2日に帰国して、本日5日は沈痛な面持ちの出社でした。

> 2枚目 & 3枚目  土庫の老舗菓子店。詳細は、敢えて書かずにおきますね。
ふ~む、何処だろう。
土庫はそれなりのいい感じの田舎町ですね。あの街にお菓子屋さんがあるんですね。
いいなあ、土庫。

ではではまたのお越しを。添付の画は先月30日の虎尾です。また台湾に行きたくなりました、ではでは。
 

追記

 投稿者:シロの飼い主  投稿日:2016年12月29日(木)23時03分16秒
返信・引用
  GP7500さん、こんばんは。もうそろそろ、到着した頃でしょうか?
先週の訪問での成果を、もう少しだけ。

1枚目  西螺線の廃鉄橋と二崙鐵道轉運站の間を軽く歩いてみました。
2枚目 & 3枚目  土庫の老舗菓子店。詳細は、敢えて書かずにおきますね。

では、楽しいご旅行を!



 

Re: 帰朝報告

 投稿者:GP7500  投稿日:2016年12月29日(木)14時10分10秒
返信・引用
  > No.4273[元記事へ]

シロの飼い主さんこんにちは、虎尾の状況をありがとうございます。

> 今回の短期決戦は「水鏡ポイント」にこだわり撮影して来ました。
9號より街の方は線路際には田んぼも多く、サトウキビ畑とは違った趣が楽しめますね。
私もこの近辺が大好きです。いつかは水牛とのtwo-shotを撮りたいと願っております。

さてさて、私も本日の夜便で出発です、明日30日に虎尾を訪問の予定です。
いただいた情報基に楽しんできます。

ではでは、情報ありがとうございました。またのお越しを。
 

帰朝報告

 投稿者:シロの飼い主  投稿日:2016年12月25日(日)23時40分48秒
返信・引用
  GP7500さん、こんばんは。
先ほど帰宅しましたので、早速帰朝報告を。


まずは各裝蔗場の様子から。

9号、10号、12号は盛況でしたが、11号は稼働なし、13号は寂しい状況でした。ただ、11号付近のサトウキビが成長してきていますので、来季の早い時期に収穫があるのではないか?と推測します。

今回の短期決戦は「水鏡ポイント」にこだわり撮影して来ました。
かねてから、水田の側を走る光景を撮りたいと思っておりましたが、幸運にも今回その念願を果たすことが出来ました。ただ・・・それだけこだわったにもかかわらず、結局は粗末な結果に終わりました。モニターでの鑑賞を前提としていますので、かろうじてトリミングで救済できましたけど。
ちなみに、菜の花についてはじゅうぶんに咲いている畑を見かけませんでした。

あっそうそう、昨日アップした廃鉄橋ですが、旧西螺線のものです。
友人によると、危険防止のために1年以内に取り壊すことが決まったそうです。度胸試しをする人がいるみたいですね!?

あとは・・・ネット上で話題にするべきことでもないので、また日をあらためて報告を。
なお当方、先週より3ケ月間、土日休みになりましたので、オフにてお付き合いいただければ幸いです。


以上の件、まずはご報告まで。
 

Re: 本日の虎尾@12/24

 投稿者:GP7500  投稿日:2016年12月25日(日)21時32分36秒
返信・引用
  > No.4271[元記事へ]

シロの飼い主さんこんばんは。

何やら6班もあったそうですね、。
すごいすごい。

稔り多い旅でありますことを。
 

本日の虎尾@12/24

 投稿者:シロの飼い主  投稿日:2016年12月25日(日)00時32分56秒
返信・引用
  こんばんは。

本日の運行状況についてはFBにてお伝えしましたので、省略させていただきます。
申し訳ありませんが、詳しい話はまたあらためて。
 

Re: 今日の虎尾

 投稿者:GP7500  投稿日:2016年12月24日(土)06時44分38秒
返信・引用
  > No.4268[元記事へ]

シロの飼い主さんこんにちは、虎尾と西螺線の状況をありがとうございます。

> 詳細は、FBにアップしましたのでご覧いただければ幸いです。
訪問されたときは5班あったとのこと、5班あればかなり楽しめますね。
虎尾の街中が整備されたようで、それがちょっと残念ですが致し方なし。
稔り多い旅となりますことを願っております。
また、状況等教えていただければ幸いです。再見再見。
 

Re: 鵜の木とりよしの辺り

 投稿者:GP7500  投稿日:2016年12月24日(土)06時31分30秒
返信・引用
  > No.4267[元記事へ]

放浪写さんこんにちは、竜ヶ崎線の状況をありがとうございます。

> さて、GP様も「とりよし」に心惹かれていたわけですね。
はいはい、地面を走る鉄道と、煙もくもく焼き鳥や、まさに昭和の佇まいと思いカメラを向けた次第です。
一度しか訪問したことがないのですが、これは再訪の価値ありですね。
私も夕景にチャレンジしたい気分です。

> 掲示は9月初旬の竜ケ崎線門倉付近。
竜ヶ崎線は最近ご無沙汰です。東京近郊でありながら、かなり旅感の味わえるいいところですね。

これではいけないと思いつつ、最近業務プチ多忙にかまけて鉄活動がおろそかになっております。来年はもっとカメラを持って出かけたいと思っております。

ではでは、またのお越しを。
 

今日の虎尾

 投稿者:シロの飼い主  投稿日:2016年12月23日(金)23時14分40秒
返信・引用
  GP7500さん、こんばんは。

本日の午後、予定通り虎尾に到着し友人の案内で西螺線の廃線跡を軽く攻め、続けて製糖線の運行状況をチェックして来ました。
詳細は、FBにアップしましたのでご覧いただければ幸いです。
 

Re: 鵜の木とりよしの辺り

 投稿者:放浪写  投稿日:2016年12月21日(水)00時37分37秒
返信・引用 編集済
  > No.4265[元記事へ]

GP7500様
こんばんわ。

ありがとうございます。
ご掲示の写真は東急7200系と焼き鳥屋の組み合わせが懐かしい感じです。
青い看板の脇にひっつくと私のポイントです。


さて、GP様も「とりよし」に心惹かれていたわけですね。
昭和のおじさんなら、あの店の佇まいに無関心でいられませんよね。
焼き鳥屋は夕暮れ時に赤提灯と裸電球が灯るときが最もノスタルジックなので、
そのタイミングを狙った次第です。
もう少し温かくなったら多摩川線沿線の撮影もかねて是非ご一緒しましょう!

掲示は9月初旬の竜ケ崎線門倉付近。
自動車教習所脇の佐貫側から望遠レンズで圧縮し併用軌道的雰囲気を強調してみました。

レンズは1999年に購入したトキナー300㎜F4というレンズ。
いまだにシャープですが発色や色抜けは準オールドレンズの味わいです。
このレンズは小型軽量かつシャープで非常に重宝したのを覚えています。
 

Re: 虎尾訪問しました

 投稿者:GP7500  投稿日:2016年12月20日(火)00時15分44秒
返信・引用
  > No.4264[元記事へ]

ケンケンさんこんばんは、虎尾の状況ありがとうございます。

>地元の日本大好きな一般の方に車に乗せていただき、お昼御飯までご馳走になってしまいました。
また、台湾に借りが出来たようですね。実に私と同じです。
お互い誠心誠意借りを返しましょうね。

> 当日は、出荷安定していなくて、4本のみでした。
ふむふむ参考にさせていただきます。情報ありがとうございます。
お時間ありましたら、事項等当板でそっと教えていただければ幸いです。

ではではまたのお越しを。
 

Re: 鵜の木とりよしの辺り

 投稿者:GP7500  投稿日:2016年12月20日(火)00時09分38秒
返信・引用
  > No.4263[元記事へ]

放浪写さんこんばんは、鵜の木の状況ありがとうございます。

残念ですが・・・「やられたぜ!!」って感じです。
私も、この焼き鳥屋には目をつけていたのですが、夕景とは・・・一本取られました。
三丁目の夕日ではないですが、夕景は昭和を感じさせるんですよね。
上手く収めてくれました。社交辞令でなく、来年はここで一杯やりましょう。
鵜の木は夕方ですね。ではでは、またのお越しを。


 

虎尾訪問しました

 投稿者:ケンケン  投稿日:2016年12月19日(月)12時57分13秒
返信・引用
  GP7500さん
こんにちは
先週、金曜日に虎尾訪問しました。
高鉄雲林駅から徒歩30分くらいで、新幹線クロスに行き撮影しました。
新幹線クロスより虎尾市内まで徒歩で移動中、地元の日本大好きな一般の方に車に乗せていただき、お昼御飯までご馳走になってしまいました。

当日は、出荷安定していなくて、4本のみでした。

翌日は、PiPiさんに桃園空港撮影にお付き合いしていただきました。

台湾の方々には感謝の気持ちで一杯です。


(画像大きいみたいで、うまく貼れなくてすみません)
 

鵜の木とりよしの辺り

 投稿者:放浪写  投稿日:2016年12月18日(日)20時58分12秒
返信・引用 編集済
  GP7500様
こんばんわ。

最近は安近短の撮影ばかりしている中で多摩川線にはまっております。

今回は鵜の木あたりをブラブラとしてみました。
新丸子側の線路端に「とりよし」という小さな焼き鳥屋があります。
電車に乗っていると女子高校生が下校時に焼き鳥を一本買って帰る姿が見える
おじさんが酔っぱらうためにあるのではない皆のお店。
(一応、飲み屋店内には3~4人が座れるカウンターとテーブルが一つありますが
テーブルはおかみさんの休憩場所)

昨日、その印象を絵にしようと行ってみました。
撮影は4時過ぎに開始し、5時前に終了。この時期のこの時間帯は
刻一刻とつるべ落としに日が暮れてゆくので、5分置きの撮影でも
空はどんどん暗くなってゆきます。掲示の駅側写真はまだ明るい時間帯のもの。

このお店は3時30分頃に開店し、5時過ぎに焼き鳥が売り切れる繁盛店です。
焼き鳥各種一本90円。、
甕のタレをつけて食べますが、あっさり系のおかずの味。
気負わずおいしく10本くらいは軽く食べられます。
母さんや子供が沢山買ってゆくのがよくわかります。

この一角は時空を超えて昭和の目蒲線の時代のままようです。
撮影が終わり、残り少なくなった焼き鳥を買って帰ると
一日がほのぼのと終わります。
 

Re: リクナビネクストCM撮影地

 投稿者:GP7500  投稿日:2016年11月 6日(日)22時29分22秒
返信・引用 編集済
  > No.4260[元記事へ]

放浪写さんこんばんは、東急の日常画像をありがとうございます。

秋の風情漂う踏切の絵が好きです。日常の中に良い光景が潜んでいますね。
秋の落ち着いたトーンが良い感じ、フラリ沿線に出かけたくなりました。
さて
添付の画は龍ヶ崎から川を越えたところにある、千葉県上総神崎の造り酒屋の状況と
「木下、ぶらり川巡り」に乗って出くわした、成田線の様子です。
千葉の田舎も趣深いですね。

ではでは、またのお越しをお待ちしております、
 

Re: 新營はヤバい!?

 投稿者:GP7500  投稿日:2016年11月 6日(日)22時02分56秒
返信・引用
  シロの飼い主さんこんばんは、新営の最新情報ありがとうございます。

> また、非鉄ネタですが「長勝營區綠色隧道」なる場所も気になります。
うむうむ、その場所存じておりません。高雄のレストランのトロッコといい、Deepな場所をご存知ですね。今度そっとご教示いただければ幸いです。
さて
添付の画は、先日の木曽の様子です。保存鉄道でもここまで要点をおさえると、現役ナローの風情満載です。
高雄のレストラン気になります。ではでは、またのお越しを。

 

レンタル掲示板
/46