teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


止り木の形状

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月21日(土)09時36分48秒
  止めているオナガドリの止り木形状で横滑り防止は開脚事故を防ぐため重要です。

タオルを止り木に巻きつける方法は衛生上採用したくないので、色々な方法を比較試験しています。

現在は横方向3本並べの止り木を針金で2~3箇所巻く方法と4つの薄い木片を3本並べの上に隙間を5mm~10mm空けて設置する方法が良さそうです。

いづれにしても爪がかかり横滑り防止することが必要でしょう。

脚が横滑りして開いてしまうとX脚になり歩行困難に成り易いです。
 
 

体重測定

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月19日(木)10時25分6秒
  烏骨鶏の9月6日に餌付けた雛が43日齢になりました。

涼しい日が多かったので良く食べ発育が良好です。

1日6g以上の増体を期待していたのですがそれを大きく上回りました。

330g程度の雛が多いので1日7gを大きく超える増体です。

大き目の卵を要求される事が多く骨格を大きく作ることが良いのでこのまま大きく育って欲しいと思っています。

体重を量ることは育ち具合が判り易いので便利です。
 

寒さへ順応

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月17日(火)17時36分28秒
  寒い日が続きますが順応して食下量が増え産卵も増えています。

我が家では一斉換羽はさせないので好調に産卵しているのでしょう。

換羽は三々五々適当に済ませています。

特定季節に集中させないようにしています。
 

仮母はコードレス

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月15日(日)08時32分48秒
編集済
  仮母はコードレスで火災の危険性も無いので便利ですね。

雛がトウモロコシだけ食べないように出来れば良いですね。

孵化率が低い系統の場合は孵化率向上を期待できます。
 

仮母

 投稿者:九十九  投稿日:2017年10月15日(日)08時14分3秒
  先日孵化したシルキー19羽を抱いてます。
ペキン♂×ラベンダー青玉♀で作った仮母、小型ですが便利です。
 

母鶏孵化用交配種

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月15日(日)05時31分33秒
  良く就巣する系統の雄 × 烏骨鶏 で母鶏孵化用交配種を作っています。

ずっと配雄してあった雌が1個貯卵したところで就巣してしまいましたので、別の雌に人工授精をして採取しています。

最近良く就巣する雌が少なくなって来たようなので交配種を活用します。

比較的良く就巣するようです。

時期が遅いので上手く雌鶏が採取できなければ既に採取してある試験入卵の中雛が2羽ほどいます。
 

口の中が黒い烏骨鶏

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月14日(土)04時51分36秒
  口の中が黒い烏骨鶏は在来系統の個体には時々出現するようですが、改良方針の異なるシルキー交雑鶏ではほとんど見られないかも知れませんね。

個人のペットにケチをつける気は有りませんが、「烏骨鶏」として扱うのなら注意が必要でしょう。

名前は品種の形質まで関連する大切なものですから大切にしましょう。

「標準外」の雑鶏を天然記念物の名称で呼ぶ「大罪」には気をつけましょう。

個人の趣味で片付ける問題ではないでしょう。
 

削り節

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月13日(金)05時35分17秒
  気温が低下したせいか今まで配合飼料(CP22のクランブル)を良く摂取していた個体が突然摂取しなくなりました。

普段は強制給餌を行い回復を待つのですが、前回の個体が「誤飲」して気管に入り斃死してしまったので、今回は「嗜好性の高い」飼料を探って与えてみました。

ゆで卵は嗜好性が高くすぐ食べました。


ただ長期となるとCPが充分ではないのでその他にも色々探りました。

玄米は入手しやすく嗜好性は高かったです。

煮干しの「削り節」も入手しやすく良く食べます・

結局「玄米+削り節」の「伝統的なオナガドリの飼料」になりました。

良く食べ血色も良くなり元気一杯です。

良く食べるようになったらクランブルも食べるようになりました。

「伝統的な飼料」が活躍しました。
 

冬の準備

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月12日(木)05時06分3秒
  まだ暑い日も有ったのですが最近は気温が低い日が増えました。

冬への準備を始めています。

多少過保護になっても、安全策を取ります。

飼料のCPが高いせいか飼料摂取量が増して来るとこの時期でも産卵が増えたりします。

家では点灯のせいか飼料のせいかは不明ですが一斉換羽は殆どしません。

オナガドリの飼育には適しているかも知れません。

烏骨鶏も産卵の季節差は少ないようです。
 

シルキー

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月10日(火)05時43分6秒
編集済
  シルキーはヨーロッパでも高孵化率の系統も殆ど孵化しない系統も有ります。

突然孵化しにくくなる危険性も有りますが一時期多く見られる事の有る近交障害を乗り切れば孵化率が良くなる場合も有ります。

日本の烏骨鶏と目指すポイントは異なりますので注意して繁殖して下さい。

絲毛になると多くの形質が表れにくくなりますので天然記念物の烏骨鶏には悪影響も与えたようです。

天然記念物ではないので万が一再現する必要も無いでしょう。

初性羽での鑑別方法(形状または色)など育種の練習には成り易いかも知れませんね。

これは烏骨鶏でも同様かも知れません。
 

シルキー孵化

 投稿者:九十九  投稿日:2017年10月 9日(月)20時56分12秒
  人気者のシルキーは数も豊富な為近親になる事もなく孵化率も良いです。
 

慢性呼吸器病

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月 9日(月)05時00分29秒
  秋になり気温が下がってくると慢性呼吸器病(CRD)の症状を示す個体が出ることが有ります。

保温や動物病院で抗生剤の処方を受けるなどして重症にならないうちに対処しましょう。
 

声良鶏

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月 9日(月)04時46分23秒
編集済
  肩が黒っぽいのは岩手県の系統に多く見られた色合いです。

体形は津軽系の特徴のカーブした背線が表れています。

嘴を閉じて謡えば良いですね。

声良鶏は世界中で最も難しい鶏と思います。

何とか維持して行きましょう。

よく育っていると思います。


再現法

 無し:(声良鶏は再現不能)

 (バックアップは声良鶏×大軍鶏の油で作成、初生の頭部の紋様(鑑別用)と成鶏の頭部大きさに注意して作成しておくのが適当と考えます)
 

蓑曳矮鶏

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月 9日(月)04時25分29秒
編集済
  蓑曳矮鶏は良い面でも悪い面でも当たりはずれが多い品種ですが上手く工夫した結果が当たると楽しい鶏になるでしょう。

小型のメリットで普及していると思う品種です。

飼育法により長い尾・蓑が発現すると楽しいでしょう。


再現法(万が一絶種したら)

 丸尾の品種       :プリマスロックやプリマスロックバンタムなど
 白耳朶・長尾・柳脚の品種:東天紅鶏など(雄系に使用するのが簡単)
 小型・短脚の品種    :矮鶏など

 以上の先頭から2品種または3品種を交配・選抜すれば復元出来ます

 (プリマスロックバンタムを使った場合小型になり、短脚は標準では無いので矮鶏の使用は任意に)

 (蓑曳矮鶏×東天紅鶏の交配鶏を定期的に作り、バックアップ鶏として置いても良い)
 

声良鶏

 投稿者:九十九  投稿日:2017年10月 8日(日)20時39分47秒
  春の子供です。
今の所元気です。
 

尾曳落鶏

 投稿者:九十九  投稿日:2017年10月 8日(日)20時27分10秒
  念のため2ペアで飼育してました尾曳が2ペアとも落鶏・・・・
最後の卵から雄が1羽孵化しました。

5~6年程の老鶏でしたので1羽孵化したのが奇跡です。
 

疥癬

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月 6日(金)04時09分6秒
  鶏の脚などに寄生した疥癬の治療は色々な方法があるようですが、私は家庭用殺虫スプレーで駆除します。

ピレスロイド系の家庭用スプレーの使用について気になるのなら家畜保険衛生所に問い合わせて見ましょう。

使用可能なら吹き付けるだけで良いので一番簡単でしょう。

たまに脚から逃げ出して羽毛に取り付く場合が有りますが矢張りスプレーすれば良いでしょう。

家保の指導が動物病院でしたら従いましょう。
 

羽が少し尖っているが・・・

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月 5日(木)15時59分58秒
  冠が全く伸びていない個体の横斑です。

金鈴波オナガドリ×薄毛猩々矮鶏のF2なので羽が少々尖っているのかも知れません。

産卵したら短脚の薄毛猩々矮鶏を交配してより矮鶏に近づけF2を採取する予定です。

羽の尖りが消えれば良いのですが・・・

上手く行けば金鈴波矮鶏の完成です。
 

尾の長さは体重に比例

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月 5日(木)15時50分18秒
  飼育していると尾の伸長スピードは体重に正比例しているように感じます。

標準体重を大きく超えた例は無いのですが、体重が少ない鶏はほぼ伸長スピードは遅いようです。

まあ飼料摂取量が少ない鶏は体が小さいので伸長が遅いのは当たり前かも知れません。

なるべく充分な栄養素を採らせる事を実施することが大切でしょう。
 

加齢か抜尾・蓑が必要?

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月 5日(木)07時16分27秒
  蓑曳矮鶏は昔から尾・蓑が長い個体が何かの拍子で稀に生まれます。

でも繁殖しても尾・蓑が長い個体は生まれて来ないようです。

短期で判断すると100%期待を裏切られますので加齢か抜尾・蓑でチャレンジする必要が有ると思います。

オナガドリの管理と似た面も有りますのでくろさんならのばせそうですね。

尾・蓑1mを目標にしましょう。

永久伸長では無いのですがそこそこ長めの個体は作れるでしょう。
 

体重測定

 投稿者:松原  投稿日:2017年10月 4日(水)21時02分58秒
  伊藤様
やはり体重測定をし体調管理をするといいのですね。
尾長鶏も基準通りの体重をクリアしながら成長しています。

くろ様
尾曳もやはり綺麗ですね。
以前載せていた小軍鶏も見ていていつかは飼育してみたいと思い綺麗だと思いました。

まだまだ尾長鶏が3ヶ月を過ぎたところで沖縄はまだ30度を超える毎日ですが楽しみながら実績を残せるよう基本に忠実に飼育していきたいと思います。
 

日本鶏天然記念物

 投稿者:くろ(雅昭)  投稿日:2017年10月 4日(水)14時39分58秒
  尾曳(赤笹系)2番を入室しまいましたー来年は尾長鶏ー蜀鶏ー小軍鶏ー4種類の孵化に挑戦したいと思いますー尾曳はかなり高い良質な雄なので期待している所です主翼が長く角度が平均値です直仔が楽しみですー??。
 

体重測定の思い出

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月 3日(火)13時22分24秒
  ギネス記録の認定証を頂いた声良鶏は毎日のように体重測定をし体調管理をしました。

6月生まれですが翌年の2月にはすでに4kgを超えていました。

20秒を大きく超えて謡いました。

それまで実用採卵鶏の育成方法で制限給餌になって小型の鶏になっていた事を思い知らされ、どの鶏でも体重測定を頻繁に行い充分な栄養を与えることによって適正な体重を得る事に神経を使うようになりました。

鶏は栄養不良ですと小型化しやすく本来の能力が発揮出来ません。

屁理屈を捏ねて「栄養失調鶏」を作ら無いように注意し、適正な体重の鶏を育てましょう。

オナガドリのように育ち具合・現状の状態が即尾の長さに響いていく鶏は「自己流」で成功した人はいないようです。
 

拡張

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年10月 1日(日)13時28分52秒
  100羽を90cm四方のスペースに餌付けて25日齢に成りました。

10羽ほど抽出して体重測定したら140~150g程度でした。

烏骨鶏の雛ですがまあ標準的な発育でしょう。

もう空きスペースが無いほどに発育しましたので3箇所に拡張しました。

床は金網床ですので良く乾燥し元気一杯です。

高密度で育成してもポイントは一つで糞と隔離して乾燥した床で飼育するのが大切でしょう。
 

摩擦の低減

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月30日(土)17時55分2秒
  新方式の結果は変わらず100%ガードですが回転方式のほうは摩擦が増し効果が低下してしまいました。

摩擦を増やさない処理を追加する必要が有るのでズボラな私には面倒です。

でも気候が快適だったので摩擦が増さないように工作しました。


バネで止り木が固定しない新方式は今のところメンテナンスの必要もなく快調です。

今後サビの発生でどうなるかは気がかりですが、今シーズンは快調に行きそうです。

回転棒を使う方法も上手く出来たので餌箱は完成です。
 

新方式良好

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月29日(金)04時56分40秒
  新方式の餌箱上止まり防止は良好にガードしています。

今後錆などの影響を観察して行きたいと思います。

設置初日の成績は100%ガードし、新方式ガード > 回転式ガードでした。

回転式ガードも回転棒を四角の断面にし摩擦を減らしたら略100%ガードしましたが、1羽単独で止まる場合非常にバランス感覚の優れた個体が存在し、他の雛が止まろうとするまでは落ちずに頑張るので新方式ガード > 回転式ガードでした。
 

新方式

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月28日(木)04時30分26秒
  百均の長さを調節出来る棒の中に長いスプリングが入っているので利用して実験します。

2つに切って棒をとりつけスプリングの根元を固定します。

棒に止まればスプリングが曲がり棒が下がってしまう構造を考えています。

色々試すと楽しいです。

色による警告も万全ではないのですが効果があります。

昔ながらの回転式も雛の体重に関連して効果が決まるようです。(摩擦を減らす方法が決め手?)

スプリング式が上手く行けば楽しいかも知れません。
 

餌入れ

 投稿者:松原  投稿日:2017年 9月27日(水)20時27分38秒
  乗る対処も参考になりました。
うちの尾長鶏も3ヶ月になり体重も教えて頂いた数値通り成長しています。
CP21を継続して夜間も明かりがあるように育雛しまたまだ沖縄は30度を超えていますが元気です。
 

3週齢

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月27日(水)10時16分52秒
  9月6日の雛が3週齢になりましたが元気一杯です。

CP22のクランブルで終夜点灯下の育雛ですから毎日目に見えて大きく育ちます。

気候も猛暑をすぎての餌付なので楽でした

秋分の日が過ぎ冬至に向かって日が短くなりますが終夜点灯し充分に発育させてから、冬至すぎに制限給餌をするか否か決めようと思っています。

冬至過ぎは性成熟が促進され、余り初産が早いと初卵重が小さくなるのでその調整です。
 

餌箱オプション

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月25日(月)03時34分23秒
  餌箱の上に雛が止まる事があります。

昔から上に回転する棒を取り付けて、止まろうとしても滑り落ちてしまうようにしています。

回転棒にするか、色違いの棒をつけて警戒させるか、色々試しています。

いまのところ色違いの棒が効果的ですが、馴れるとどうなるか判らないので観察を続けます。
 

問題提起

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月23日(土)11時51分33秒
  NHKの朝ドラを見ていて気になってしまうのがタイトル映像のペンキ塗のローラーの色です。

塗った箇所は赤いのにローラーの色は黄色です。

終了時のローラーの色も黄色です。

色の違いを指摘されるのを待っているのか不思議です。

すでに問題提起されているのかも知れませんが、いたずら好きの製作スタッフの仕業でしょうか?

鶏を飼育し常に異常が無いかに注意をするのでドラマの筋よりアイテムの状態に注意が行ってしまうようです。


検索してみると問題提起した人がいたようですが、「ペンキを塗っているのではなく、シールを貼る圧着ローラー」だそうです。

作成した本人だけ納得し、見る人には伝わらない内容に疑問は残りますが・・・


自分がそうならないように気をつけなければと感じました。
 

ありがとうございます。

 投稿者:松原  投稿日:2017年 9月22日(金)20時01分12秒
  すごく参考になりました。
参考にしてらうちの餌箱も改良したいと思います。
 

餌箱画像

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月22日(金)12時41分39秒
  餌箱の画像です。

ついでに百均の網があったので少し大きいタイプも作りました。

上:プラスチック容器と切り出し例
中:完成
下:百均の網を利用した例
 

餌箱

 投稿者:松原  投稿日:2017年 9月21日(木)18時50分22秒
  私も自作の餌箱で対応していますがよければ伊藤さんの餌箱の写真あればお願いできませんか?
よろしくお願いします。
 

雛の餌箱

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月21日(木)15時56分15秒
編集済
  雛の餌箱に雛が侵入すると餌を掻きちらしたり砂浴びがわりに餌浴びをしてしまうのでガードを付けます。

植木用のプラスチックの入れ物を無料で貰えるので、網の部分を切り取り針金で取り付けるのが一番安い方法でしょう。

箱の両側面に斜めに取り付け上部を結合します。

端の穴を切り取った三角形の材料で塞げば完成です。

雛は網の穴から頭を内部に伸ばし餌を食べます。

ロスがほとんど出ないので気に入っています。
 

金鈴波矮鶏続々

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月20日(水)12時43分46秒
  金鈴波矮鶏の雌横斑雛が続々と増えて来ました。

現在、羽根色(うこんしょく)が黒の雛が1羽、白の雛が2羽です。

黒・白で観察を続けて見ます。

羽根色が白の雛が良ければ薄毛猩々と遺伝子1種類の違いで固定出来そうなので期待が広がります。

野生型の赤笹には金鈴波発現の潜性(旧劣性)の遺伝子が有るのでしょう。

うまくレモンククーに取り込めば金鈴波になるでしょう。
 

ドリンク剤

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月19日(火)15時32分40秒
  ドリンク剤は種類が多いですが、私は○ポビタンDの「キッズ」用が最も安く、量も少ないので開封した後短期間で使用できるので良く用います。

子供用なのでカフェインは含んでいないかも知れません。

清涼飲料の○カビタなども安いので、与えた後自分で飲んでしまう事が多いです。

これなどはカフェインは含まれているでしょう。(元気付け?)

特に銘柄にこだわらずに与えて良いと思います。

冠の色が赤い品種では赤みの増加で効果が確認できますので冠の赤みが低下したら再度投与しますが、自ら水を充分飲む個体では赤みは自然に付くでしょう。

投与の仕方は百均で買える針なしの注射器かスポイトで、私は強制給餌の後2~4ml程度ゆっくりと流し込みます。

水で2倍に薄めて与える人もいます。

自ら飲水する個体には不要でしょう。

又産卵中でない個体ならビタミンD2:D3の差は気にしなくて良いでしょう。

冠の黒い固体は色での判別が難しいですが多少でも紫が強くなれば充分でしょう。
 

床金網交換

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月19日(火)06時53分25秒
  育雛するのに金網床で糞・こぼれた水と隔離しています。

金網の目が4mmでは餌付時からしばらくは良いのですが、糞が大きくなると網に引っ掛かってしまいます。

そこで、百均のバーべキュー網に変更しました。

気温が低い9月では水分も蒸発しにくく床が不良になりがちなので注意します。

床網を変えたら糞はすべて落下するようになり快適です。

100羽ほどのロットですが毎日運動会を繰り返し可愛いものです。
 

回想

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月18日(月)07時35分9秒
  薄毛猩々と金鈴波の作成にはすでに15年の年月が過ぎてしまいました。

最初は素直に全身褐色の鶏が生まれ直ぐにも完成すると思いました。

ところが白羽が出現するようになりそれを除くのに数年かかりました。

その後金鈴波も雄はホモ化するとほとんど薄毛猩々になり、雌は最初から横斑が出ず薄毛猩々になってしまいました。

この現象を利用して薄毛猩々の方は固定化の目処が付いたのですが、金鈴波の固定・雌雄横斑は長い年月謎でした。

でも仮説を検証し、繰り返し試験する事によってやっと矮鶏タイプ雌の横斑を見ることが出来ました。

15年程の時間がアッという間に過ぎてしまいました。。

これからは雌雄とも金鈴波の固定を目指して行きたいと思います。

結局日頃口にしている「F1で見られなければF2を採って見る」方法に落ち着きそうです
 

逆毛金鈴波

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月16日(土)10時08分22秒
  逆毛矮鶏系の雌(確定)に横斑が出ています。

雌横斑の出る系統と逆毛矮鶏のF2から出現して来ました。

羽根色との関係は不明です。

同組み合わせのF2は多く孵化しているので、今後続々と生まれる事を期待しています。

卵を産むようになったら短脚の矮鶏雄と交配してF2を採取し完成させます。
 

9月の生存率

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月16日(土)07時15分56秒
  9月の生存率は低い場合が多いようです。

暑い夏の間に体力低下して気温の低くなる9月に死亡する例が目に付きます。

ビタミン・カフェイン入りドリンクや強制給餌などで助かるケースも有りますが、かなり神経を尖らせて育雛・成鶏管理に臨みましょう。
 

用語の変更

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月15日(金)05時12分13秒
  遺伝学の用語が変更されるようですが、ついでに無理やり定義した関係についても見直して欲しいものです。

鶏の表現は簡単に2つのパターンに別れるより、中間タイプを含め多様に分布することが目立ちます。

説明し易いので単純に扱っているようですが、もう少し実情にそって欲しいものです。
 

金鈴波矮鶏の初生羽

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月13日(水)09時21分30秒
  レモンククーでなくe+を持たせた金鈴波矮鶏の候補では後頭部に白斑が見られる事が有り、横斑が出ています。

雌雄の結果が楽しみです。

レモンククーの横斑ホモ雄では横斑が殆ど消え薄毛猩々のように成りますが、雌の横斑を出現させれば雄の全身横斑もホモで出現しそうです。

薄毛猩々・金鈴波とも遺伝的に固定できるかも知れません。
 

ウワヨレ

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月11日(月)05時20分18秒
  オナガドリの永久伸長発現は、蓑羽では比較的明るくても発現しやすいようです。

謡羽を含めほとんどの尾羽は明るいと伸長停止しますが、2列目最上位のウワヨレだけは伸長を続けやすいようです。

ウワヨレなど1~2本だけ残って他は換羽してしまう例は非常に多く見て来ました。

情けない姿にならないよう光線管理を充分に行い「伸長の実績」を得て行きましょう。

遺伝的素養と環境的条件(管理法)が伴って初めてオナガドリの美しい姿を得られるでしょう。
 

黒蓑の伸長

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月10日(日)15時25分45秒
  オナガドリの白蓑は伸びても黒蓑を伸ばすのは難しいと昔から言われていますが、現在飼育中の高知系の中に黒蓑が良く伸長する個体が1羽います。

来年の種鶏に使用予定の2.5m程に伸びた個体ですが、8月29日に画像を掲載してあるので黒蓑に着目してご覧ください。

黒蓑を伸ばすことが重要なのか否かは不明ですが、折角ある希少な形質は残そうと思っています。

羽の種別
上:尾羽
中:黒蓑
下:白蓑
 

散歩の頻度

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月10日(日)05時57分31秒
  オナガドリの散歩の頻度はどれ位にすれば良いか意見の別れるところですが私の感触では展示の頻度と同じで週一回程度かと感じています。

脚が弱った個体などは改善のため尾に悪影響を覚悟で頻度を増す場合も有りますが、基本は週一回以下です。

場合によれば1ヶ月程も散歩させない事も有りますが脚の強弱で決めています。

くろさんの中足の個体は長期間散歩なしで良い場合も有りますが、脚の長い高知系などは週1回を目標にしています。

何れにしても自然日照下にさらされるので充分な観察が必要でしょう。
 

怪我の功名

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月 8日(金)08時34分1秒
  オナガドリの高知系統は元々薄暗い場所で、薄暗い止箱で飼養されていたのですが、「動物愛護者」のような事情を全く知らない「思い込み主義者」の横槍の影響を受けてか「明るい場所」で飼育されるようになってしまったようです。

結果として尾の伸びない尾の本数の少ない「尾短鶏」を作ってしまったのかも知れません。

高知系でも昔ながらの「伝統」を守って飼育すれば良く伸長します。

むしろ「明るい場所で選抜」された結果として「多少明るさの悪影響が減った」かも知れません。

「伝統的な飼育法」で良く伸長するのが「多少」明るくても伸長する可能性も見えて来たような気もします。

でも先ず「伝統」を守った飼育法を守り、「実績」が得られたら色々調査するのも楽しいかも知れません。

「実績」を得ることが最も大切ですが、先の楽しみも取って置きましょう。
 

止り木のタオル

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月 7日(木)08時23分36秒
  止箱飼育のオナガドリが開脚して脚が弱ってしまうことを防ぐ方法は色々な方法が有ります。

一例は余り長脚の個体は止めないようにする方法が有ります。

また別の方法としてタオルを止り木に巻きつける方法も有ります。

私は、プラスチックの植木用の底網を張ったり、滑り止めのネットを張ったり、滑り止めの木片を張ったり、種々の方法を試して見ました。

最近は落下防止の網を止り木前方に取り付けるのに、あえてむき出しの針金を止り木に巻き付けて止めて、一石二鳥の効果を期待して今のところ上手く行っています。

タオルを清潔に保つことが面倒なズボラな私にはぴったりの方法です。

何れにしても10年以上という長期間を健康に過ごしてもらうための手段です。
 

正田先生の業績

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月 5日(火)06時37分4秒
編集済
  故正田陽一先生の偉大な業績の一つとして、神奈川県民家園で開催された時の動画をご覧下さい。

3つの動画で登録されていますが、このURLでアクセスすれば3つ連続して見られるでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=hhUfeofNa6c

オナガドリも蓑羽の豊富な優良系が見られるでしょう。

2000年5月13~14日に開催された「日本のにわとり展」です。


また長鳴鶏の初鳴きの会も中心となって開催されました。

2011年1月1日の会もアップしてあったのでご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=T7Sn_IJsy4E
 

蓑羽

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 9月 4日(月)05時25分36秒
編集済
  岩に止まった鶏は折角尾は良く伸びているので、後一歩蓑羽の管理が欲しいですね。

標準では尾の1/3以上の長さが必要とされています。

私やくろさんの鶏では尾と同等の長さの個体も多いのです。

優性遺伝子の「Sd」を持たせる事が大切ですね。

一度失ってしまうと復旧は手間がかかるので、常に伸長を意識して取り組む事が必要です。

Sdの他にも蓑羽の幅や羽軸の強さ、抜け易さに関係する多くの遺伝子群が有るようです。

昔ながらの姿が期待できる種卵を今年は5名程に送ってあります。

2020年に開催される東京オリンピックを目標に、「正しい姿のオナガドリを世界の人に展示したい。」と願っていた故正田陽一先生の意思をついで頑張りたいと思っています。

蓑羽が昔のように伸びなくなったと指摘された声良鶏さんに「正しい姿のオナガドリ」を見ていただきたいです。

写真はくろさんの系統のオナガドリです。(頸羽に黒条線が見られない事に注目して下さい)
  
 

レンタル掲示板
/120