teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


気圧より低温対策

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 5月24日(水)16時00分40秒
編集済
  航空便の孵化率低下はどうも気圧より低温になる事が原因かも知れません。

一時的に低温にさらされ気温との温度差があるため結露したり温度変化ショックで劣化するのかも知れませんね。

荷送りを頑丈にするのは空港の発着所で内容確認の後行わなければいけなくなったので、面倒な事が嫌いな私向きではないので料金5割増し(400円ほどの差)ですが生体扱い(温度管理有り)で送る予定です。
 
 

台湾からレース鳩の種卵

 投稿者:くろ  投稿日:2017年 5月24日(水)14時31分18秒
編集済
  7年前にレース鳩の種卵を航空便で1回目は30個輸入して3羽孵化したー2回目は26個輸入して3羽孵化した経験があり又
種卵を台湾へ68個送りましたが約5割ほど孵化した記憶が有りますー確かもみ殻の中に卵を空気穴を上にして箱は菓子用を2-3重にして送りました参考になれば幸いです。
 

荷物室の気圧?

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 5月24日(水)09時10分37秒
編集済
  「荷物室は気圧が不安定で種卵にダメージを与えるのでは?」とは40年以上前に聞いた事です。

時代の流れですでに解決された現象かと考えていましたがどうも未だ影響が有るようです。

「航空機 荷物室 気圧」で検索すると「客室と大差ない」意見や「温度は差が多い」など色々な意見が見られます。

かって「荷物室は危ない」観点から客室内で運んだときは悪影響は無かったので生き物用の場所を試みて見ます。

発泡スチロールの箱を使用した場合気圧より温度との関係も有りそうなので、先ずは場所で。

夏季の種卵の陸送の場合以前は冷蔵で送ると全滅したのですが、最近は温度管理が適正になったのか無事の場合をよく耳にします。

空輸の状況管理も適正化が進む事を望みます。
 

航空便の高度

 投稿者:松原  投稿日:2017年 5月23日(火)20時28分57秒
  大阪ー高知などジェットの短距離便は12000ft~18000ftほど
東京ー大阪などは20000ft~28000ft程度
東京ー札幌、大阪ー那覇など比較的長めの国内線、東京ー上海、中部ーマニラなど短距離国際線は30000ft~41000ft程
東京ーフランクフルト、東京ーニューヨークなど長距離国際線は、燃料が重く一気に高い所まで上昇できないので最初は30000ft付近、そのあとだんだん高度を上げ、最終的には40000ft付近まで上がります。
一概にこの高度ではありませんがこのような詳しい内容の記述もありました。
天候にも左右されます。
やはり沖縄まではかなりの気圧が予想されます。
内地からいれると有精卵率とゆうか発生率はかなり落ちます。
発泡スチロールで輸送するとよいとゆう方がいます。
 

ラベンダー逆毛11羽)

 投稿者:くろ  投稿日:2017年 5月23日(火)12時51分9秒
  一番子の中に4羽手羽に逆毛が出たので安心しました。雌が多いといいですが中々うまくいかないのが常です楽しみですー  

理論比通り

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 5月23日(火)12時30分46秒
編集済
  黒が雄雌ともLv/lvのヘテロですからLv/Lv(黒ホモ),Lv/lv(黒へテロ),lv/lv(ラベンダー)が1:2:1の割りで生まれるのが理論比です。

ほぼ理論比通りに生まれたようですね。

白っぽいのはラベンダーです。

ヘテロでも差し毛のない黒が父親ですからその性質が上手く伝われば良いですね。


 

本日烏骨鶏逆毛黒孵化

 投稿者:くろ  投稿日:2017年 5月23日(火)10時35分49秒
  本日逆毛黒が3羽白?1羽ー4羽孵化しました。雄は黒の逆毛X雌はやはり黒の逆毛です小型系に期待している鶏ですー庭に皐月が満開になりました。皐月の中で花弁が大きいサイズで5種類の咲き分けです
 

航空機での種卵空輸

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 5月23日(火)06時19分15秒
  航空機で種卵を空輸すると受精率が極端に下がってしまう様な気がします。

件数は多くないのですがことごとく低下するような気がします。

荷物室に気圧の変化があるのか否か不明ですが、今度膨らんだりへこんだりしない丈夫な金属容器で密閉して送って見ようと思います。

あるいは動物を空輸するスペースで送るかも知れません(料金5割増し)。
 

大雛時代の環境も

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 5月22日(月)14時38分49秒
編集済
  綿毛が発生せず若雄の尾・蓑が伸長スタートするのは抜尾・抜蓑の必要も無く有利ですね。

私は東天紅鶏×オナガドリのF1が綿毛の発生が無く好スタートをした経験が有ります。

大雛時代にフェザーピッキング(背中・尾羽をつつき抜く)をされた若雄が見事な尾・蓑を生ずる場合もあり遺伝的なものか環境で左右されやすいのか見分けは難しいですね。

でも何れが原因でも優秀なものは優秀と考えて、駄鶏に屁理屈をつけて飼養するよりはるかに実際的です。

学者・役人の現実の世界から遊離した珍説に振り回されるより、優秀な実績を積み上げるのが大切な事と思います。

細かく観察し実行して行くのが成功への道ですね。
 

昨年度作出尾長鶏

 投稿者:くろ  投稿日:2017年 5月22日(月)12時17分18秒
  この血統が一番永久羽根と蓑羽根が本毛が全然綿毛が出ないし性格は父親と違いおとなしく管理など気を使わないので。3兄弟尾長鶏です母親は剣雌の仔で将来は両剣の雌を配合して保存する予定です。眼の色素はまだ銀目になつて居ないので問題ありません
 

レンタル掲示板
/566